2021年 年末のご挨拶

今年も残りわずかとなりました。


昨年はコロナ発生から落ち着いてからのことを考えた1年でしたが、
今年はそこから様々なことを実行していった1年でした。

イベントから日常へと考え、月一でつなぐ八市を始めました。
最初は出店数も人も少なく寂しくも感じましたが、
徐々に定着してきてつなぐばに来た方から近所の方までいらしてくれるようになりました。
毎月出店してくれる方が不在時、
近所の方が寂しがっているのを見て日常になってきているんだなと思いました。


3周年ではそんなつなぐ八市に出店している方からいつものつなぐばのパートナーさんなど
多くの方でお祝いすることができました。
毎週フラを開催しているクラスの皆さんはこの日に合わせて練習を重ねて、
公園でお披露目をしてくれました。
住宅街でまさかフラ!?という感じですが、
これがここの日常なんだと、遠くの音響を操作しながらその姿を見守っていました。


映画室は食や農を改めて考え直すきっかけの一歩となりました。
一人一人の農家さんの元へ足を運び、現状を知ることがとても大切で、
そこから映画を観て、みんなでまた話してと良い1日となりました。
来年も2回目に向けて進めていきたいです。


ハロウィンでは日頃からつなぐばに出店してくれている大学生が
地域の方とも上手につながってくれて、
子供たちを引き連れて、「トリックアトリート!」と地域を回ってくれました。
この光景を見た時に世代や地域とつながることができて来たんだなと実感しました。


最後に個人的に今年1番大きなことはつなぐばで結婚パーティーを開催できたことでしょうか。
本当であれば昨年同じようなお話があり準備をしていたのですが、
コロナ禍により開催できませんでした。
その後、このような機会はすぐには来ないだろうと思っていたところ、
このコロナ禍に結婚をした同じリノスク仲間の
地元のデザイナーのRIKKENくんがここでやりたいと言ってくれました。
やったこともない結婚式のプランナーのごとく半年前くらいからスケジュールを
しっかりと立てて進めていきました。
食事、ケーキ、ドレス、装飾、映像などなどつなぐばでつながりのある仲間にお願いして
全て手作りで作っていきました。
前日は大雨、当日は強風という中で最後は新郎新婦も含めてみんなの力を結集して
最高の結婚式(もはやパーティーではない)を行うことができました。
当日は公園や大家さんのご自宅からつなぐばまでの壮大なバージンロードと
つなぐばができてからの3年があったからこそできたことではなかったかと思います。
まさに地域でお祝いすることができました。

おかげで今年は充実した1年となりましたが、若干バテました。
少しペースを考えなくてはと思っていますが、おかげで多くの頼れる仲間が増えて、
なんだかんだ来年も新しいことを始めます。

この年末年始も出かけることはないですが、
家でのんびりしながら妄想を繰り広げることでしょう。
来年もまた着実に日常を作っていきたいと思います。

シェアアトリエつなぐばのカフェは1/17からのオープンになります。
それまでは毎年恒例のプチリノベをしています。

ぜひ2022年のつなぐばを楽しみにいらしてください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA